できるビジネスマンを目指す方法とは

あの人はなにが違うのか

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

基本的なことができる人

優秀なビジネスマンという定義は、時代とともに少しずつ変わっているのでしょうか。 働き方や業務が変われば、必要とされる能力も変わって当然です。 しかし、いつの時代でも変わらないものもあるはずです。 仕事ができる人の特徴とはどのようなものでしょうか。 続きを読む

仕事のできる人がここが違う

仕事ができる人、または優秀なビジネスマンは、普通の人と意外と変わらないものです。
しかし、結果として局面で差が出てきます。
それは、難しいことでもなく、観念的なものでもなく、精神論でもなく、誰もが知っている基本的なことを実践しているからではないでしょうか。
例えば、昔からよく言われるホウレンソウ(報告、連絡、相談)は、まさにその最たるものです。

また、商談や打ち合わせの際に必要な「聞く力」「ヒアリング」がとても重要です。
プレゼンのスキルはもちろん大切ですが、まず仕事は依頼や上司の指示からなど、「聞く」ケースから始まるのことも多いです。
そんなとき、やはりできる人はしっかりと基本を守って、ポイントをおさえているはずです。

打ち合わせや指示を受け、その情報を正確に伝えるには、5W1Hがそのポイントなどと言われますが、仕事においてはこれに2つのHを加えるといいです。
When(納期や期限)、Where(場所)、Who(担当)、What(目的)、Why(理由や根拠)、How(手段や方法)、How_many(数量)、How_much(費用)が基本ですが、仕事ができる人は必ず実践しているはずです。
客先などで得たこうした情報を共有するためにホウレンソウ(報告、連絡、相談)があると言っていいでしょう。
会社での情報共有は不可欠であり、日々こうした情報共有により業務が機能しているのです。
できるビジネスマンは、こうした基本業務からも上司や部下からも信頼を受けているはずです。

自己を、業務を管理する能力

仕事のできる人は、時間や業務の管理にも優れています。 納期などはやはり十分な時間をとって、スケジュールを組み立てているはずです。 がんばればできるはず、などと気合いを入れて、無理なスケジュールは組みません。 なにが起きるかわからないのが仕事です。

続きを読む

人として魅力がある

仕事ができる人、または優秀なビジネスマンと呼ばれるひとは、やはり業務だけが優れているのではないということです。 ビジネスマンである前に人としても魅力ある人でなければ、顧客そして社内でコミュニケーションがとれません。 できる人はどんな違いがあるのでしょうか。

続きを読む