できるビジネスマンを目指す方法とは

基本的なことができる人

伝え方が上手である

やはり仕事のできる人の特徴として、聞くにしても話すにしてもそのスキルが高いです。
仕事のできる人の話はとてもわかりやすいと思いませんか。
その理由は伝え方に違いがあります。
多分、まず結論から伝えるのではないでしょうか。
結論を先に言うことで、話の概要を聞き手は理解できますし、どのようなことを要求しているのかを把握できるのです。
また、わかりやすいポイントとしては具体的であることです。
例えば、話の中で期限などがあればそれをきちんと数値化しています。
話の大事な部分では、おおよそやあいまいな表現をさけることで、しっかりと伝わるはずです。
具体的な数値を出すことは、さまざまシーンで重要です。
納期や期限などがあるときに、よく「なるはやで」などとありますが、聞く側にはとてもわかりにくいのです。

無駄のないやりとり

仕事のできる人からの依頼は、やはりわかりやすくまとまっています。
先の「5W1H」または「5W3H」のポイントがおさえてあります。
また、聞き上手である点も参考にしたいところです。
自分の話をしてもいいのですが、やはり相手の話をしっかりと聞くこともさらに重要です。
皆さんもご経験があるかもしれませんが、話の途中で遮ってしまう人がいたり、または話をかぶせてしまう人っていますよね。
話している側からすると、とても感じ悪いですし、無意識だと余計に伝わらないという感じです。
これは、メールと電話での連絡にも言えます。
メールや電話の回数が多い人がいますが、確認や会話もそれだけでロスが生まれることもあります。
レスポンスが早く、内容を整理したメールや用件がわかりやすい電話など、できる人はタイミングと伝え方がすぐれているのです。


この記事をシェアする